開業届いつだすの?

こんにちは

事務局です
個人事業主として活動を始めたら
開業届を最寄りの税務署に提出します

”どのタイミングで提出したら良いのでしょうか?”

生徒さんからご質問頂きました

例えば

・自宅でお料理を教えている

・エステをお友達に施術して材料費程度をもらっている など

起業していると言えるか言えないかの

状態の方もいらっしゃるかもしれません。

収入が少ない場合は、開業届を出さずに
雑収入として確定申告で申告すればOKです

では、開業届を提出するメリットはなんでしょうか?

開業届と青色申告がセットでメリットに
開業届を提出しただけでは
特に変化はありません

「私、開業しました!」

と宣言して覚悟が決まるくらいですかね?

これも結構重要ですが、、
開業届を提出し、青色申告を
することで納税者としての
メリットが出てきます。

1.特別控除を受けることが出来る。

利益(収入ー経費)から最大で
65万円まで引いてもらえます。

本来の儲けより税金がかかる
金額が65万円少なくなるので
納税額も少なくなります

詳細はコチラ

2.赤字を繰り越すことが出来る。

青色申告をしていると、最大3年まで

赤字を繰り越すことができます。

例えば、次のような決算だったとします。

1年目 赤字 300万円

2年目 黒字 100万円
3年目 黒字 200万円

1年目が300万円の赤字です。

2年目は100万円の利益が出てますが

1年目の赤字300万円と相殺し

200万円の赤字になります。

3年目は200万円の利益

2年目の繰越赤字200万円を相殺して

利益ゼロになります。

青色申告をしていないと

2年目、3年目は課税されますが

青色申告の場合は

1年目の赤字を2年目

3年目に補填することが可能です

事業を始める場合

初年度は初期費用がかかりますし

事業を軌道に乗せるまでに

時間がかかることもあります

1年目は赤字になりがちなので

青色申告でうまく損金を

繰り越していきたいものです。

無料の記帳指導も心強い

開業届を提出していると

税務署が行っている無料の記帳指導を

受けることも出来ます

初年度は税理士にお願いするのも

経費がかかるので自分でやりたいと

いう方もいらっしゃると思います。

最初に、記帳指導で帳簿のつけ方を

習っておくとスムーズですね

何より、しっかりと数字を管理する

習慣が付きます

事業を始めるなら数字とお客様への

想いがまず最初に意識することを

おススメします。

関連記事

  1. 売り上げよりも大事な〇〇

LINE公式アカウント

メンタルカウンセリング

ライブコマース事業

オンライン秘書事業

フェムテック事業