失敗って挑戦しないこと

こんばんは
事務局代表の永尾です

本を読んでいたら、
こんな言葉に出会いました。

「失敗経験のない企業には投資をしない」

これはアメリカのシリコンバレーの
ベンチャーキャピタルで言われているらしいです。

失敗してないってことは、
挑戦してないってこと
今運良くうまくいっていても、
一度の失敗で再起不能になる

日本人は良くも悪くも、
小中高と「失敗してはいけない」
ってことを刷り込まれます。

会社に入ってもそれは一緒で、
成功を目指すってよりは、
失敗をしないことが目指される。

一種の社会主義的な発想に近くなっていると感じます。

だからこそ、
完璧主義になり(完璧主義と認識していない)、
ちょっとした失敗が自己否定を引き起こします。

そういった意味でも、
アメリカのシリコンバレーで
失敗を推奨しているってのは、
起業したい人にとって大きなものになります。

もちろん失敗しないことに越したことはありません。
私もできることなら失敗はしたくないです。

ですが、
そもそも失敗ってなんでしょう?

金銭的な失敗?

精神的な失敗?

時間的な失敗?

大きなものとしては、
時間的な失敗は大きいです。

私は今まで実践、経験、実践、経験

どんどん力はついてきたし、
収入もそれに伴い増えました。
そして、決断が早ければ成長も早い。

そういったことを考えてみても、
失敗って挑戦しないことだと思います。

現状を変えることから逃げて、
安定している世界で毎日を過ごしていく。

自分を過信せず、
私もまだまだ新しい学びに投資をし続けています。
もっと挑戦していきたい。

シンプルにお伝えしますと

”やらない奴が一番ださい”

その辺は子供を見習うべきです。
挑戦しまくりです。
プライドなんてありません。
失敗したらださいなとかないわけです。

ださくたっていいじゃないですか。

馴れ合いのコミュニティにいる方がよほどダサいし、
馴れ合いは、精神的な失敗と時間的な失敗を両立してます

”失敗は自信のなさを解消しないこと”

だとも言えると思う。

私たちはインターネットで

「機会の平等」をくれました。

成長したい人はすればいいし、
そうじゃない人は、変われない。

機会の平等というのは、
資本主義のベースですけど、
これがまさに加速したのが、
ネット社会です。

逆に、結果の平等が成り立っているのが、
社会主義です。

社会主義だと、
頑張っても結果が変わりません。

だから本来、
平等と自由というのは、両立しえない。

資本主義だったら、
格差が出て当たり前なんですね。

勉強して、挑戦している人が、

富を得る、知識を得る、自信を得る、時間を得る。

ださくても汚れながら挑戦する。

失敗して挑戦し続ける。
私はそんな生き方が大好きです

関連記事

  1. “女性の貧困化”が深刻

  2. チャンスを活かす人の3つの習慣

  3. 女性起業家が心がけるべき「ビジネス成功の3カ条」

  4. 40代・50代が10年愛され売れる女性起業

LINE公式アカウント

メンタルカウンセリング

ライブコマース事業

オンライン秘書事業

フェムテック事業