10月1日から 育児・介護休業法が変わるの?

今月2022年10月1日から
育児・介護休業法」が変わるのを
ご存じですか?

育児に関する法律なのでどのように変わるの
ご紹介させて頂きます

今までは

「育児休業制度があっても取りづらい」
「自分が該当するかわからない」など
多くのご質問を頂きました

契約社員やパート、アルバイトなどで働く
場合の変更点もあるので
自分が該当していないか
ぜひ確認ください

育児・介護休業法について

正式名称は
『育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う
  労働者の福祉に関する法律』といいます

「育児休業」とは
子どもを養育するためにする休業
原則子どもが1歳になるまで会社に籍を
置きながら仕事を休むことができます

もし子どもが1歳になった時点で
待機児童問題などで保育所が見つからなかった場合
最長2年まで延長することが可能

また法律上の親子関係
ある子どもであれば
実子、養子は問いません

もちろん父親、母親どちらでも
育児休業をすることができます

男性ももちろん可能です!

雇用保険に加入している場合
ハローワークに申請すれば
国から休業開始後6カ月は67%
それ以降は50%の育児休業給付金が支給されます
さらに育児休業中は
社会保険料などが免除される
というメリットもあります

育児・介護休業法改正を機に
夫婦で育児休業取得について
話し合ってみてはいかがでしょうか?

収入が減るのが心配」という場合は
育休中の給付金がどれくらい
もらえるのかなどシミュレーションしてみると
より具体的に話し合えるようになります

パパもママも仕事と育児を両立しやすい
環境を整えていきたいですね

詳細はお近くの都道府県担当まで

 

関連記事

  1. 【国内最大手ライブ配信と業務提携】

  2. 「仕事と家庭の両立」

  3. “女性の貧困化”が深刻

  4. 育児・介護休業法」施行 男性も“育児休暇”取りやすく“育休取…

  5. 選ばれる理由は明確ですか?

  6. ライブコマーサーももち(牛江桃子)プロデュースのD2Cブラン…

  7. 自分に自信がありません

LINE公式アカウント

メンタルカウンセリング

ライブコマース事業

オンライン秘書事業

フェムテック事業