シングルマザー・シングルファザー必見!「ひとり親控除」?

所得税・住民税の年末調整
あるいは確定申告が気になり
始めるシーズンとなりました

なかには、知名度が低く十分に活用されて
いないものもあります

本記事では、所得控除のなかで
シングルマザー・ファザーのための控除の制度として
2020年に創設された「ひとり親控除」について解説

ひとり親控除とは、婚姻歴の有無に関係なく
「ひとり親」であれば35万円の所得控除を受けられる制度です。

従来は「寡婦控除・寡夫控除」がありましたが
これは配偶者と離婚、あるいは
死別したことを要件としていました

これに対し、結婚せずに子どもを産んで育てる
シングルマザー・シングルファザーが控除を
受けられないのは酷だということで
2020年から「ひとり親控除」が創設されました

なお、これに伴い、「寡婦控除」は
残されましたが「寡夫控除」は
廃止され「ひとり親控除」に統合されています

「ひとり親控除」を受けられる要件
「ひとり親控除」を受けるための要件は以下の通り

・その年の12月31日の時点で現に婚姻を
 していない、配偶者の生死が不明

・生計を一(いつ)にする子がいる

・子の所得の合計額が48万円以下

・合計所得金額が500万円以下

・事実婚の関係にない

「ひとり親控除」を受けるためには
給与所得者であれば勤務先での
「年末調整」、個人事業主等であれば
「確定申告」において申告を行う必要があります

正直、数字なんて分からない!

なんとかなる!と思う方もいると思います。

控除が受けれるのに申請しないのはもったいないです!

難しい用語、数字などが並びますがぜひとも

挑戦してみはいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. 保険営業=怪しい?本当はどっちなの!?

LINE公式アカウント

メンタルカウンセリング

ライブコマース事業

オンライン秘書事業

フェムテック事業